投資

スポンサードリンク

GOLDEN ポンド FX

商材内容 :ポンド円に特化したFX投資手法


価  格 :9,800円

詳細はこちら
GOLDEN ポンド FX


□■□■□ 感  想 □■□■□

この商材では、FXの中でも取引通貨を「ポンド円」にのみに限定した内容のものになっています。

その理由として、5分足ベースのトレンド順張り系のシステムを採用しているため、ボラティリティが高く、トレンドに素直な通貨に適しているということが挙げられます。

オーストラリアドル円などもボラティリティはありますが、ロスカット幅、利食い幅、スプレッドなど総合的に見てポンド円の方が適していると考えられます。

ドル円など他の通貨ではうまく機能しませんのでオススメ出来ません。



完全順張りのトレンド戦略なので、ロスカットを小さく、利食いを伸ばすという損小利大システムを採用しています。

また他のトレンド系システムとの違いとして、この商材では決済ルールを採用しているため、トレンドからの一時的な反発に騙されることがなく、ポジションを保有し続け利益を伸ばすことが出来る、ということが挙げられます。

数値を甘めにしていれば、他のシステムでも騙しを避けることは出来るのですが、この商材ではFXはエントリールールと同じ数値を用いながらも、独自の決済ルールを使うことで利益を伸ばしているのです。

また一般的にトレンド戦略はレンジ相場に弱い、という特徴がありますが、エントリー回数を意図的に抑えることによってレンジ相場での往復損失の積み重ねを避けています。

これはポジションを決済する場合、ある特殊な方法によりリバウンド局面でのロスカットによる損失拡大を抑えるよう設計されているからです。

エントリーや決済は明確にルール化されているので、わずかなずれはありますが、誰がやっても同じような結果になります。

他のFX系商材では裁量によるものが多いのですが、これは再現性を重視しています。



初心者がおこなっても同じような結果が出ることになりますが、売買ルールや手法など、基本的なことは身につけた上でないと使用することは出来ません。

ある程度の知識が必要と言うことになります。

また自動売買ではないので、明確な売買ルールはあるにせよ、売買のタイミングなどによって若干の成果の違いは出る可能性があります。



詳細はこちら
GOLDEN ポンド FX


総合得点 :65/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
GOLDEN ポンド FX

GBPTrendTRSPシステム

商材内容 :ポンド円専用のFXトレードシステム


価  格 :49,800円

詳細はこちら
GBPTrendTRSPシステム


□■□■□ 感  想 □■□■□

トレンドとは値動きの傾向のことであり、相場においてはこのトレンドに乗ることが一番大切だと言われています。

このトレンドを追求し、トレンドに逆らわずコツコツ利益を取りながら、大きなチャンスがあれば必ず捉えるシステムがこの商材です。



相場には3パターンあると言われています。

上昇相場に下落相場、そしてもみ合い相場ですね。

トレンドとはこのうちの2つ、上昇相場と下落相場に動く時に出ているというものです。

相場がひとつの方向に動いている時にそのまま乗れば利益を上げやすいことは誰でもわかります。

逆に値動きのないもみ合い相場では利益が出にくいのでトレードは控えた方が無難です。

このシステムではこのトレンド相場の時にトレードすることに特化したシステムです。

またこのシステムでは裁量を入れないトレードシステムになっており、エントリーとEXITのサインは誰が見てもわかるようになっています。

エントリーや決済のサインは音声で知らせてくれるものもあります。



ポンド円のみの対応であること、取引業者が決まっていることなど制約もあります。

ひまわり証券のトレードシグナルを申し込んだ場合、30日間無料体験以降は月額14700円の有料になります。

このようなことをクリア出来る人であれば、オススメ出来ると思います。



詳細はこちら
GBPTrendTRSPシステム


総合得点 :80/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
GBPTrendTRSPシステム

FXは小遣い稼ぎの玉手箱

商材内容 :FXで小遣いを稼ぐ方法


価  格 :6,800円

詳細はこちら
FXは小遣い稼ぎの玉手箱


□■□■□ 感  想 □■□■□

FXをおこなって一攫千金を狙っている人はとても多いと思います。

たしかに株式投資と異なり、何千もある銘柄からの選択はありません。

取引通貨は数種類ありますが、単純に為替が上がるか下がるか、それを予測して行動するだけのものです。

変動値幅や移行時間により捉え方は違っても、結局は取引通貨に対して円高か円安かのどちらかだけです。

他の情報商材などでは確かにFXで一攫千金、多額のお金を儲けて成功した人の話をよく聞きますが、それほど簡単なものではありません。

しかし少ない元手でリスクを少なくし、楽しみながら継続して小遣いを稼ぐ、というスタイルをとればこれほど安全で面白い世界はありません。



この商材では、10万円を証拠金としてひと月5万円の利益を目指します。

この数字は決して無理なものではなく、十分に可能性があるものです。

しかし、それなら100万円の元手で50万稼ぐことも可能ではないか?といえばそうではないのです。

金額が大きくなればそれだけ余裕が無くなります。

なによりも心理的安心感が大切になってくるのが投資というものなのです。

大きな金額を狙うのではなく、小さな投資額で小遣い程度の利益を楽しみながら稼ぐ、というスタンスの方にこそ、この商材は参考になるものになります。



小さい投資額で小遣い稼ぎをする、と言う割には商材価格が高めに設定されていると思います。

内容的に見てもそれだけの価値があるかどうか、疑問に思えます。

小遣い程度を稼ぐだけだから、ということで薄い内容になっているのはどうかと思います。



詳細はこちら
FXは小遣い稼ぎの玉手箱


総合得点 :45/100点

わかり易さ:3★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:3★★★


詳細はこちら
FXは小遣い稼ぎの玉手箱

不動産投資とは?

現在の日本では預貯金しても超低金利でほとんど利息は期待できません。

また長く続く不況で、将来的な不安も大きくなっています。

そんな中、株式などと並んで「不動産投資」を検討する人が増えてきています。

勤労所得や年金所得に代わる「新しい収入」先として不動産投資が注目されているのです。

この「不動産投資」とは、マンションやアパートを購入して他人に賃貸することで「家賃収入」を得ること、というのが一般的な考え方です。

しかし、厳密に言うと少し違います。

物件を取得してから売却して換金するまでのトータルの収益を求めるということになります。

物件を購入するために投資した自己資金に対して、売却して換金することで手元に戻ってくる現金の増加率に注目し、この増加率を年間に換算したものを「投資利回り」と呼んでいます。

もしも物件を売却する意思がなければ、毎年のキャッシュフローに着目することになります。

不動産投資とは、ある程度の利回りを確保することが出来ますが、元本を保証してくれるものではありません。

また株式などとは違い、資金が短期間で何倍にもなる、という投資方法でもありません。

そう言う意味では、今の日本において数少ない「ミドルリスク、ミドルリターン」の運用方法である、という事が出来ます。

不動産投資のメリット1

不動産投資のメリットはたくさんあります。

ひとつめは「安定収入である」ということ。

自営業の方は本業とは別に安定的な収入が得られること、また給与所得者の場合は万が一の収入源になってしまった場合の対策として考えられているようです。

家賃収入というのは、入居者がいる限りずっと続く安定した収入です。

それから「私的年金としての活用」です。

公的年金である国民年金や厚生年金は将来的に機能するのか?という不安はずっと言われ続けていることです。

もしも破綻してしまった場合、老後の生活を直撃される可能性があります。

そうなってしまう前に老後の安心を得るために、公的年金に頼らない収入源が必要になるのです。

不動産投資を私的年金として利用する方も増えているようです。

また「生命保険の代替手段」として利用される方もいらっしゃいます。

ローンを利用して不動産投資をする場合には、生命保険に加入することも出来ますので、万一の時にはローン残債が保険金で支払われる場合もあります。

残された遺族にはローン残債のなくなった不動産物件が残され、必要経費を引いた手取り収入が生命保険としての役割を果たします。
Copyright (C) 情報量ナンバー1!FX・投資系情報商材のブログ. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。