投資

スポンサードリンク

海外の成長国で資産を作る不動産投資法

商材内容 :日本の所得ゼロでも海外の成長国で資産を作る安心の不動産投資法


価  格 :29,800円

詳細はこちら
海外の成長国で資産を作る不動産投資法


□■□■□ 感  想 □■□■□

このマニュアル「海外の成長国で資産を作る不動産投資法」は、不動産投資を考えている初心者に向いているマニュアルだと思います。

なんと、資産がまったくないというのに、資産家になれるという方法が紹介されているのです。

日本でも不動産投資をしたことがないというのに、いきなり海外で…となると、やはり不安がぬぐえませんよね。



しかし、海外の不動産市場というのは日本では得られないメリットがあるということ。

すなわち、海外に対する

「知識不足と不安」

を取り除くことができれば、案外簡単に資産運用ができる環境だというわけです。

私自身、不動産投資は考えていたもののまさか海外なんて、はっきりいって眼中にありませんでした。

ですから、このマニュアルでは、自分が知らなかった海外ならではの事を知ることができました。



例えば、日本では絶対に必要とされている「保証人制度」。

これがなんと、海外ではいらないというのです。

これはかなり驚きでした。

しかしそれで大丈夫なのだろうか、と疑問に思っていたところ、きちんとその理由も示してありましたので、不安は解消されました。

海外投資をするかどうかという決断の前に、海外の不動産事情をまずは知ってほしいです。

私がそうだったように、知らない何かがたくさん潜んでいてかなりの勉強になるのがこのマニュアルです。



詳細はこちら
海外の成長国で資産を作る不動産投資法


総合得点 :80/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:5★★★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
海外の成長国で資産を作る不動産投資法

シグナスバンドライン マネックストレーダー版

商材内容 :金融工学最先端でトレードしてきた現役相場師9人が研究、分析し作り上げた高確率で初心者の投資家様にも利益をあげる事が可能となる最強の投資ツール!


価  格 :10,000円

詳細はこちら
シグナスバンドライン マネックストレーダー版


□■□■□ 感  想 □■□■□

このマニュアルは、金融工学最先端でトレードしてきた現役相場師9人が研究、分析し作り上げた高確率で初心者の投資家様にも利益をあげる事が可能となる最強の投資ツールです。

シグナスバンドラインという、相場の転換点とトレンドの方向を導き出すオリジナルの指標がとても使いやすいと思いました。

色の変化がつけてあるので、買い場なのか売り場なのかというのが一目瞭然で、初心者でも十分に扱えるという印象です。

もちろん、上級の方でも満足のいくシステムになっています。



「相場は相場に聞け」

という格言がありますが、このように実践できていないのが最近の事情です。

あまりにも情報が溢れすぎているからかもしれませんね。

オリジナルの「シグナルバンドライン」の効果はとても大きいものがあります。

反転ポイントと価格の相関もわかりやすいですし、シグナスバンドラインを用いることで、とても幅広い銘柄の分析をできるしくみになっています。



また、マネックストレーダー版及びトレードスタジアム版と二つに分かれているところが非常に魅力的でした。

自分の利用する端末版を選択すればいいのですからね。

投資には100%はありませんが、限りなく100%に近づけるシステムがこの「シグナスバンドライン」だと思います。



詳細はこちら
シグナスバンドライン マネックストレーダー版


総合得点 :81/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:5★★★★★


詳細はこちら
シグナスバンドライン マネックストレーダー版

レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター

商材内容 :日本株が10分の1の予算で取引できるCFD投資のすべてを公開


価  格 :19,980円

詳細はこちら
レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター


□■□■□ 感  想 □■□■□

僕は一度株で大損をしているので、どこか慎重に、そしてとても恐怖を感じながら株取引を行っています。

僕の知識不足だったのかもしれませんが、株というものはリスクが高い割には儲けが少ないと思っていました。

もちろん、プラス収支になることもありその喜びを知っているからこそ、なかなか株から手を引くことができずに、株の悪循環が始まっていたのです。

株というものは、資産運用として考えれば、安定した利益を上げることができます。



しかし、そのためにはそれなりの資金が必要になってきますよね。

でもまだ若者といわれる僕の世代にはそれは難しいことでした。

そんな考えを払しょくしてくれたのが、このマニュアルです。

このマニュアルではCFDにおいて、レバレッジを効かせて投資をするように書かれています。



マニュアルに書かれていた

「少額投資で一攫千金を狙うことができる」

という一文には驚かされました。

「50倍など大きなレバレッジで損失が怖ければ、10倍程度のレバレッジをかけて投資すればよい」

というように、自分でリスクをコントロールしながら、少ない資金から最大限の利益を追求することができるのがこのCFDだとわかりました。

短期で狙って素早く利益確定をするそのポイントをこのマニュアルでしっかりと学ばせていただきました。



詳細はこちら
レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター


総合得点 :81/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター

引き寄せの法則投資術

商材内容 :引き寄せの法則願望実現法


価  格 :2,400円

詳細はこちら
引き寄せの法則投資術


□■□■□ 感  想 □■□■□

このマニュアル「引き寄せの法則投資術」は、根底に

「どんな人の意見を聞いても、どんなテクニカル分析を行っても失敗したのはなぜか?」

という疑問があります。

というのも、成功していない投資家は失敗を繰り返している人が多いということ。

しかも、いろいろな投資家の意見を聞いているにも関わらず、うまくいかなかい人の失敗の原因は何かということが明確にされています。



内容では、

「投資で大きな損失を出してしまった人」
「投資で大きな利益を得られた人」

という2パターンの違いを、引き寄せの法則の観点から分析してありますから、参考になる人も多いでしょう。

僕には「引き寄せの法則」というものがいまいち理解に苦しみました。

自分には理解できないというか、合わない手法だったのでしょう。

しかし、

「こんな考えもあるんだな」

という勉強になったのも事実です。




株やFXの勝ち負けのメカニズムや、引き寄せの法則を投資生活に活用する方法、システムトレードで勝てない原因なども明確に書かれています。

少し宗教染みているなと思ったのですが、これは読む人がどう受け取るかによって違うでしょうから、あくまでも僕個人の意見・評価として耳に入れてください。

値段的には、とてもリーズナブルですね。



詳細はこちら
引き寄せの法則投資術


総合得点 :48/100点

わかり易さ:3★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:2★★

お買い得感:3★★★


詳細はこちら
引き寄せの法則投資術

CFDとは

今注目になっているCFD。

これは「Contract For Difference」の略で、日本語では「差金決済取引」を意味します。

CFDは株式や商品などの特定のものだけを売買するのではなく、商品先物、株価指数、業種別指数など、数多くの金融商品の値動きを対象としています。

1つの口座で金融商品に連動した複数の取引が行えるので、複数の口座を管理する必要がありません。

また、日本の株式だけでなく、世界の株式、ETF、株価指数先物など、様々な金融商品に連動するCFD取引を行うことができることで人気が出ています。

日本で初めてCFD取引サービスの提供を開始したのは「ひまわり証券」で、現在の取り扱い銘柄の数は5,000を超えています。

日本市場以外に、海外市場の商品の売買が行えるというのがメリットとなっており、なんといっても、日本が夜なのにNY証券取引所など外国の市場での取引が可能です。

またCME(GLOBEX)のように24時間開いている市場も利用できるのが、よいところ。

CFD取引は通常、証拠金と呼ばれる総取引代金の3%〜20%前後の資金で取引が可能なため、資金効率が高い取引と言えます。

その反面、リスク管理も重要なポイントとなりますが、資産運用の対象の一つとして、検討してみてもいいですね。
Copyright (C) 情報量ナンバー1!FX・投資系情報商材のブログ. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。